マッチングアプリ「with(ウィズ)」が選ばれる理由はここにあった!withの4つの強みはここだ!

近年、ネットでの出会いも当たり前になってきてマッチングアプリに登録する人もかなり増えてきましたよね!

pairs(ペアーズ)やゼクシィ恋結び、タップル誕生やCROSS ME(クロスミー)などマッチングアプリにも様々ですが…

中でも人気で選ばれ続けている「with(ウィズ)」には、他のマッチングアプリに負けない様々な工夫があります!

なぜこの「with(ウィズ)」というマッチングアプリが選ばれているのか?

その理由をお教えしていきたいと思いますよ〜!

 

目次

 

理想の相手を探しやすい

 

マッチングアプリで理想の相手を探すときは、いかに使いやすく見やすく表示されているかがとても重要になってきますよね。

with(ウィズ)の表示方法は2種類!

  1. スマホの一画面に4人の異性が表示されるパターン
  2. スマホの一画面に1人の異性が表示されるパターン

1つ目の「一画面に4人の異性が表示」の場合は、同時に表示される情報量がちょっと少なめですがサクッといろんな人を見られるメリットがあります。

表示される情報はこちら!

  • 年齢
  • 居住地
  • 一言コメント
  • あなたとの共通点の数
  • 「いいね」されている数
  • 登録している写真の枚数

です。

名前や身長、職業といった情報は一発で確かめることは出来ませんが、気になる異性に関してはタップすればプロフィールが表示されるので操作も簡単です。

2つ目の「スマホ一画面に⒈人の異性が表示」の場合は、同時に表示される情報量がもちろん増えます。

一人一人ゆっくり見たい!というときに使用すれば効率的に異性を探すことができますね。

表示される情報はこちら!

  • 名前
  • 年齢
  • 居住地
  • 一言コメント
  • あなたとの共通点の数
  • 登録されている写真
  • 「いいね」されている数
  • 身長
  • 学歴
  • お酒を飲むかどうか
  • 体型
  • 年収
  • タバコを吸うかどうか

です。

把握しておきたいなぁというある程度の情報は一発で見ることができるので、一人一人しっかりと判断できます。

また、条件を絞って検索することのできる「条件検索機能」も付いているため、年齢や居住地、職種や共通点など自分の理想の像を設定して異性を探すことも可能です。

表示方法も良く見やすいですが、こういった条件検索機能によって異性を探しやすい環境が整っていると言えます。

ちなみにこの2種類の表示方法は「pairs(ペアーズ)」でも取り入れられており、with(ウィズ)と同様に見やすい表示になっています。

もちろんpairs(ペアーズ)にも条件検索機能が付いているのでこちらも使いやすいですよ!

プロフィールを設定しやすい

 

マッチングアプリのプロフィール項目自体は最初から質問が決まっていますし、回答もしやすいですよね。

何よりプロフィールに関して困るのは「自己紹介文」と「写真」です。

自己紹介文は自由に書けてしまうからこそ何を書けばいいか困りますし、写真は何を登録するのが正解なのか分かりませんよね?

ところがどっこい。

with(ウィズ)ではどちらも簡単に解決できるサービスが付いています。

まずは自己紹介文。

自己紹介文のスペースには簡単な記入例が載っています。

【記入例】

  • 趣味や休日の過ごし方
  • 仕事の内容
  • 最近ハマっていること
  • 好きな食べ物

上記の記入例を見るだけで「なるほど、こうゆうことを書くのか!」という学びにはなるのですが、これだけでは書けないという人も中にはいますよね。

そんな人が使えるのが「例文を使う」という機能。

with(ウィズ)の運営側で用意されている自己紹介の例文があるのですが、それを丸々使ってポイントポイントのみ修正できる機能があるんです。

例えば…

こんにちは!はじめまして。

プロフィールみてくれて、ありがとうございます!

◎◎◎歳で、□□□に住んでいます。

真剣な恋愛がしたくてwithを始めてみました!

恋人ができて、付き合ったら■■■へ行って△△△できたら嬉しいなと思っています。

趣味が◯◯なので一緒に◯◯◯を楽しめたり、

××へ出かけたりできると幸せです。

社会人になって、新しい出会いが少なくなり戸惑っていました。

少しでも興味を持ってもらえたら、「いいね!」してください!

メッセージ交換で色々とお話しましょう!

こういった5種類の例文を自分で選択肢、あとは記号の部分を修正するだけ!

難しく悩まずに簡単に設定を終わらせることができます。

しかしここで!「これじゃ典型的すぎて嫌だな…」なんて声も聞こえてきそう!!!

そんな人にオススメなのが「他会員の参考例」!

ここでは、同性かつ人気ユーザーのプロフィールを覗くことができます。

他のマッチングアプリでは、まず同性ユーザーを覗くことができるというのは有りえないことです。

1ヶ月のうちに2,000以上の「いいね!」をもらっている同性ユーザーはどんなプロフィールを設定しているのか?どんな自己紹介文を書いているのか?を見ることができるため、それを参考に自分なりの自己紹介文を書くことができます。

これで典型的な文を書かず、オリジナルでかつ最初から人気になれるかもしれない自己紹介文を設定できます!

with(ウィズ)にしかない超熱い機能ですね〜!

次に「写真」の設定。

何の写真を使えばいいのか、どれが正解なのか分からず何度も何度もカメラロールを下から上へとスクロールした経験がある人も多いのでは、、、?

結局気づいたら一番上まで辿りついてしまって設定できない、ということ、私も経験あるんですよね!笑

そこをサポートするべく、with(ウィズ)では効果的な写真項目を表示してくれるんです。

こんな風に!

これを見れば自分が登録しそびれていた写真や写真の正解が一目瞭然!

時間をかけて悩まずに「これを使おう!」と選ぶことができます。

また、自己紹介文での「他会員の参考例」を見ることで、他のユーザーがどんな写真を使って人気を集めているのかも探ることができるので、with(ウィズ)もプロフィール設定は困ることがありません!


マッチングアプリとして楽しい!

 

with(ウィズ)はTVなどでも有名なメンタリストDaiGoさんが監修を努めるマッチングアプリなので、DaiGoさんによる診断テストを受けることができます。

いつでも誰でも受けることができる診断の1つは「超性格分析」というもの。

いくつかの項目に答えることであなたがどんなタイプの人間なのか、そしてそれに対してどんなタイプの異性が似合うのか?というのを教えてくれます。

筆者は「一匹狼タイプ」という素晴らしく可愛くない性格分析結果が出たのですが、気に入らなかった場合はやり直しもできるのでご安心を。笑

この結果はプロフィールにも表示されるようになっているので、異性を選ぶ際の基準としても使うことができます!

他にも期間限定で定期的に診断テストが公開されるため、その度に楽しむことができます!

もちろんこの診断テストは期間内であれば誰でも無料で受けられます!男性ユーザーもですよ〜!

診断テストは占いとは違って、DaiGoさんによる心理的な診断なのですごく当たりますし、女性は特にワクワクすると思います。

「出会い」はもちろんのことゲーム感覚で楽しむことができるのもメリットですよ!

 

良心的な料金

 

with(ウィズ)では1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月のみならず、1週間というプランもあります。

これは、まずはお試しで試して見たい人へのプランですね!

クレジットカード・Apple ID・Google Playと、それぞれ3種類の決済方法がありますが、一番安価なクレジットカードがオススメです!

with(ウィズ)は内容的にも機能的にもすごく使いやすいマッチングアプリですが、料金はすごく安いです。

例えばライバルであるpairs(ペアーズ)であれば下図の料金!

若干ですがwith(ウィズ)の方が安いんです!

Apple IDだとかなりの差があるのがよく分かりますよね!

他にもCROSS ME(クロスミー)であれば1ヶ月プラン3,800円しますし、タップル誕生であれば1ヶ月プラン3,900円します。

ゼクシィ恋結びなら若干高い2,880円ですし、ここまでくるとwith(ウィズ)の安さが分かってきますよね??

マッチングアプリは基本的に女性は無料ですが、男性は月額課金制になってしまいます。

with(ウィズ)も同じく女性は無料ですが、男性は課金になるので出来るだけ安い方がありがたいですよね?

他のマッチングアプリと比べてもとても良心的な値段だというのが分かりますし、内容的にも機能的にもwith(ウィズ)はいいとこだらけなので、with(ウィズ)はすごくオススメなんです!

ここまで読んで使ってみたいと思った方は、こちらから是非登録をどうぞ!!

恋活から恋活までできるのはwith(ウィズ)だけ♪

with(ウィズ)

・真剣にお付き合いできるパートナーを探している方
・結婚相手を探している方
・類似のマッチングサービスを利用しているが、まだ満足できる出会いを体験していない方
・見た目や、年収などの条件だけでなく、相手と自分の恋愛における価値観や気の合う度合いが気になる方
・遺伝子レベルで自分と相性のいい人がどんな人だか気になる方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


管理人オススメ記事

PAGE TOP