【低身長・低年収タカシの体験記】メンタリストDaigo監修の婚活マッチングアプリwith(ウィズ)の無料会員と有料会員でできることとは?

※こちらは男性向けの記事です。

こんにちは、タカシです(^ ^)

2016年にリリースされた婚活マッチングアプリwithも今では会員数約20万人(内女性が、93,700人)と非常に盛り上がってきているようです。
※2017年5月調べ

2016年11月では大体女性ユーザーが50,000人前後らしいので、半年で約2倍に伸びているようです。

前置きは置いておきまして、男性ユーザーが無料でどこまでwith(ウィズ)をいじることができるのかを徹底的に調査いたしました。

結論から述べますと女の子と出会いたいのであれば、絶対有料会員になった方がいいです。

これから、婚活しよう!恋活頑張ろう!じゃあwith(ウィズ)を使おう!と思っている方に少しでも役にたっていただけたら嬉しいです♪

 

目次

 

無料会員でできること

 

 メッセージが一通目だけ送ることができる

無料会員でもマッチングした女の子に、一通目だけメッセージを送ることができます。

しかし、一通目のみということは

タカシ
マッチングありがとうございます♪

のみになってしまいます。

また、相手からのメッセージも同様で一通目のみに返信・観覧はできるのですが、2通目からは

「メッセージが届いています」

というアラートがみれるだけになってしまいます。

じゃあ、1通目に連絡先をおくっちゃえばいいじゃん!と思われる方もいるかもしれませんが、
最初の1通目はイグニス(withの運営会社)の審査が入ってきます。

そのため最初にラインのIDや電話番号を送ったとしても、それが女性に届くことはありませんし、
最悪の場合アカウントを削除されることもあります。

これは女性も同様で、そのような管理体制のおかげで僕は今までwith(ウィズ)を利用していて、一度も
サクラに会ったこともありません。

有料会員であれば、メッセージは無制限にやりとりし放題なので、
安全かつ健全に女の子と会いたいのであれば、有料会員になることをおすすめします。

簡単60秒!withで素敵な女の子と出会う♪

メンタリストDaiGo監修の恋愛診断ができる

DaiGoだけになんといってもこのマッチングアプリの醍醐味は、恋愛診断です。

僕もただのお遊戯的な付加価値だろうと思って試してみたんですが、
意外とこの診断あたるんです!

さすがメンタリストで何冊も心理学の本を出してるDaiGoさんが監修しているだけあると思いました。。。

また、常時様々なイベントを開催しているので、

恋愛診断だけを楽しみたいと言う方は、無料会員でも十分楽しめるはずです♪

無料で、恋愛診断を受けてみる♪※男性のみ

 

 グループに参加できる。

婚活アプリwith(ウィズ)には、

・お友達がほしい
・お肉大好き!

などの様々な趣味グループがあります。

このようなグループ昨日はpairs(ペアーズ)と一緒ですね。

このようなグループに参加することで、サムネイル(トップ画像の写真)の露出が多くなるので女性からいいねをもらいやすくなるのですが、
正直、無料会員でグループに参加していいねをもらったところでメッセージが無料で、恋愛男性のみ1通目しか送れないのであまり意味がありません。。。

しかし、グループに所属している女性を観覧・いいねすることは可能なので、どんな人がいるのかな〜程度に眺めて
タイプの女性が多くいそうなのであれば、有料会員に移行してみるのもいいかもしれませんね♪

 

やっぱり有料会員になった方がおトク!

 

やっぱり、無料会員の1通目しかメッセージしか送れないという機能は、女性と会うのには厳しすぎます。。。
((これはpairsでも同じですが。

また、12ヶ月プランであれば、with(ウィズ)は業界最安値の1,800円/月で利用できるので、飲み会1回分の料金で利用することができちゃいます。
((pairsであれば、1ヶ月あたり3,000円。

今後withが有名になれば値上げ等も考えられるので、リリースしたばかりのこのお手頃な価格のうちに
登録しておくのがいいかもしれませんね♪

 

恋活から恋活までできるのはwith(ウィズ)だけ♪

with(ウィズ)

・真剣にお付き合いできるパートナーを探している方
・結婚相手を探している方
・類似のマッチングサービスを利用しているが、まだ満足できる出会いを体験していない方
・見た目や、年収などの条件だけでなく、相手と自分の恋愛における価値観や気の合う度合いが気になる方
・遺伝子レベルで自分と相性のいい人がどんな人だか気になる方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP